演奏団体について

代表である三田徳明を中心に、以下2つの団体を通じて雅楽に関する様々な活動をおこなっています。

三田徳明雅樂研究會 ー調査研究・国際交流部門ー     

 

雅楽研究ならびに実験的実演活動

 

京都方・安倍家の雅楽を中心に伝統雅楽の文献研究はもとより、古譜の分析や解読を演奏者自身がおこない、それらを題材にした実験的演目の上演を行っています。

研究員の持つ確かな実技能力が、文献研究に生かされていると言えるでしょう。

 雅楽公演「安倍家の伝承シリーズ」雅楽講演会「雅楽を知るシリーズ」定期公演 & 周年記念公演

​ 

 雅楽と料理を楽しむ会(年1回 写真集食堂めぐたまにて)

 

国際交流活動

 

韓国や中国、ヴェトナムの研究機関・教育機関と連携し、「雅楽のふるさと」たるアジア諸国で雅楽の研究・実技指導《雅楽里探(Return)プロジェクト》を推進しています。
アジアの優れた舞踊家・音楽家たちと手を取り合って「あらまほしき雅楽古典」を未来へつなぎます。

 

 アジア各国および地域との交流活動

雅楽瑞鳳会 ー伝承・普及部門ー

 

雅楽教習活動

 

一般向けの雅楽講座を開設し、雅楽の普及と後進の指導、育成を行っています。

 雅楽実技稽古

 

普及・啓蒙活動

 

学校鑑賞教室をはじめ様々な形で、雅楽レクチャーコンサートを開催。三田代表のわかりやすい解説とともに演奏するステージを通じて、従来の「なじみがない」「とっつきにくい」といった雅楽のイメージを払拭し、雅楽のさらなる普及を目指している。      

 レクチャーコンサート学校鑑賞教室雅楽講演

 

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now