やくよけきがんさい

厄除祈願祭

雅楽奏楽・舞楽奉納

 節分(旧正月)に行われる厄除祈願祭は、厄年の方はもとより、厄年以外の方も災いを遠ざけ、1年を息災に過ごせるようご神前に祈願するお祭りです。

 葛飾区新小岩に鎮座する於玉稲荷神社では、古代朝鮮に起源をもち、

現在も日本雅楽で伝承され「お祓い」の曲とされる舞楽「納曽利」(なそり)

を含む雅楽を奉奏し祭典を挙行致します。

 令和2年も無事に過ごせるよう、どうぞ皆様でご参拝ください。

令和2年(2020)2月3日(月)​​19時斎行

於玉稲荷神社おたまいなりじんじゃ殿

東京都葛飾区新小岩4-21-6(アクセス

JR総武・中央線「新小岩駅」南口徒歩9分

​厄年はこちらをご覧ください。

​舞楽「納曽利」は御祈願を申し込まれた方は

社殿内にてご覧いただけます。

初穂料:1名様 5,000円~

※詳しくはお申込み時にお尋ねください。

<御祈願お申込み>

​於玉稲荷神社社務所

03-3655-8110 / info@gagaku.asia

(メールでのお申込みは同社 三田徳明禰宜が対応致します。)

​授与品の準備がございますので、前日2月2日までにお申込みください。

※神社に駐車場はございません。

近隣のコインパーキングをご利用いただくか、

公共交通機関でのご来社をお願い致します。

舞楽「納曽利」(なそり)

​ その起源を新羅に求めることができる舞楽で、日本へ伝来した時期についての詳細はわからないものの、平安時代には「蘭陵王」と共に繰り返し上演された舞である。『枕草子』では清少納言の好きな舞として登場し、その人気ぶりがうかがえる。

 曲名の「なそり」については朝鮮語と考えられ、「な=追儺」、「そり=曲」つまり、「追儺(鬼やらい)」の曲という意味であるといわれており、まさに厄除祈願祭に相応しい舞である。

【令和二年 厄年】

​※数え年

<男性>

​前厄

24歳(1997年・平成9年生)
41歳(1980年・昭和55年生)
60歳(1961年・昭和36年生)

本厄

25歳(1996年・平成8年生)
42歳(1979年・昭和54年生)
61歳(1960年・昭和35年生)

後厄

26歳(1995年・平成7年生)
43歳(1978年・昭和53年生)
62歳(1959年・昭和34年生)

<女性>

​前厄

18歳(2003年・平成15年生)
32歳(1989年・昭和64年/平成元年生)
36歳(1985年・昭和60年生)
60歳(1961年・昭和36年生)

本厄

19歳(2002年・平成14年生)
33歳(1988年・昭和63年生)
37歳(1984年・昭和59年生)
61歳(1960年・昭和35年生)

後厄

20歳(2001年・平成13年生)
34歳(1987年・昭和62年生)
38歳(1983年・昭和58年生)
62歳(1959年・昭和34年生)

 

 03‐3655‐8502 

mail info@gagaku.asia

 

東京都江戸川区本一色2-2-16    Edogawa-ku Tokyo,Japan

Copyright © 2015-2020 雅楽Office Noriaki All Rights Reserved. 

当サイトに記載されているコンテンツの無断利用は固くお断り致します。

  • 三田徳明雅樂研究会公式Facebook
  • 三田徳明雅樂研究会公式Instagram
  • トップ.jpg
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now