三田徳明雅楽研究会

アジア里帰りプロジェクト

Return to Asia

日本最古の伝統芸術である「雅楽」

その楽舞の多くの起源をアジアの各地に求めることができます。

朝鮮半島、中国、ベトナム、インドそして遠くはイラン高原

シルロードを経て伝来した楽舞は奈良時代、熱狂的に取り入れられました。

民謡「黒田節」の原曲となった『越天楽』は中国・漢の文帝が作曲

舞楽『蘭陵王』は実在の北斉の王、蘭陵王長恭の武勇をたたえた曲

まさにアジアの総合芸術が「日本雅楽」なのです。

私達、三田徳明雅楽研究会ではアジアの国々とともに、

アジアの宝「日本雅楽」を未来へ伝える取り組みを展開しています。

<作成中>

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now